データ処理サービスの流れ

OMR方式(Optical Mark Reader)
OCR方式(Optical Character Reader)
データ入力方式
Web方式

①OMR方式

マークシートリーダー(またはカードリーダー)を使用し、リーダー専用にフォーマットされた用紙を使用する読み取り方式
用紙の費用はかかるが、短時間で正確に読み取れるので、同一フォーマットで大量に処理するのに向いている。


②OCR方式

スキャナでアンケート用紙を画像として読み取り、その画像からマーク位置を検出する方式
普通紙でアンケートを作成できるので用紙コストを抑えられますが、読み取り処理には時間がかかります。


③データ入力方式

普通紙などに印刷またはコピーされたアンケート用紙を使用し、回答された選択肢を人手で入力する方式

アンケートのレイアウトは、自由にできます。手入力なので、コメントなどをテキスト化することも可能です。少量のアンケートに向いています。


④Web方式

パソコンまたはスマートフォンから、インターネットを利用し回答する方式

用紙を用意する必要がなく、回答者が好きな時間に好きな場所で回答できるメリットはありますが、試験などでは、代理解答やカンニングのおそれがあるので、

試験よりはアンケート向きです。


⑤アウトプット

帳票のフォーマットや出力データ形式は、ご要望に合わせて調整致します。



※メールアドレスは、スパムメールを防ぐために画像となっています。申し訳ありませんがメールでのお問い合わせは、アドレスを手入力でお願い致します。