· 

内作かアウトソーシングか 2

授業評価やアンケートで対象となる生徒数が少ないからと、自前で集計を行っている学校でのお話。

 

その学校では、「実習の評価やオープンキャンパスでの参加者へのアンケートなど実施しており、担当者は、ほぼ毎月のように集計しなければならない。」との事でした。

担当者は選任ではなく、事務職員が通常業務をこなしながらの兼務となっています。

 

  • アンケート項目を自由に変更できるから、時期に合った設問の設定が出来るのは都合が良い。(メリット)
  • 集計作業もアンケート回収後、すぐ出来る。(メリット)
  • 集計するための作業が多くなると、結局残業しなければならないので人件費が馬鹿にならない。(デメリット)

 

アンケート集計など、単純作業のようだが、それなりに時間はかかります。

そして、集計して終わりではなく、集計した結果から次の指針を決めていかなければならないのです。

 

そこで、

「内作でかかる人件費」と「外注してかかる費用」とを天秤にかけることになります。

やはり「餅は餅屋」の通り、任せた方が楽なのではないでしょうか。

学校の予算もあるでしょうが、出来るだけ期待に応えられるよう頑張りますと回答しました。

結果は分かりませんが。

 

悩みがあったら、是非相談してください。